2012年09月02日

第十三回

一区切りしたので更新です。

獅子戦争ver0.12

更新内容は以下の通り。

・リュッセル皇国陣営完成
・人材加入イベント修正

今回の更新でリュッセル陣営が完成しました。

では、恒例(?)の陣営紹介を。
ネタバレがアレな方は戻って下さい。


【シュナイゼル】
リュッセル皇国皇帝。
善政を敷き、民を愛する名君。
臣下や民からは「和皇」との名で慕われている。
温厚な印象が強いが、一度戦場に出ると
龍神の如く暴れまわる程の武力をも併せ持つ。
代々、リュッセル皇家の血筋の者は龍神の血が宿るとされるが真偽は不明。

【ベヒモット】
リュッセル皇国軍龍騎士隊長。
爵位は最上位の公爵。
シュナイゼルからの信頼も一番厚く、
彼無しではリュッセルが栄える事は困難とさえ言われる。
特技「ロングレンジブレス」は長射程の範囲攻撃。

【ヴィネ】
近年、シュナイゼルの屋敷に招かれた将。
龍騎士では無いが、魔法に長ける為仕官が許された。
内に何かを秘めているとされ、ベヒモットからは警戒されている。
彼の目的とは…

【ソウメイ】
リュッセル皇国軍龍騎士隊副官。
爵位は子爵。
知勇共に優れし良将。
ベヒモットにも将来を期待され、様々な任務をこなす。
だがヴィネの身辺調査中、彼の術によって操られてしまう。

【アルフレッド】
ベヒモットとは同郷出身の龍騎士。
幼少より剣術に優れ、本人も騎士を志す。
一切表には出さないが、ベヒモットを尊敬し、
彼の右腕となるべく龍騎士としての道を選んだ。
本人、愛龍共に打たれ強く、
前線にて奮迅する姿は味方からの信頼も厚い。
後にベヒモット率いる龍騎士団の一番隊隊長に命じられる。

【クローディア】
元は龍の育成士。
扱いの難しい龍も簡単に手懐ける事から、
その才をベヒモットに見込まれ将に抜擢された。
本人は風魔法を得意とする技巧派。
操る龍も素早く、主に偵察や撹乱作戦を担当する。
彼女の部下も機動力に優れた者が多く、
戦場を縦横無尽に飛び交う姿から「飛龍隊」との異名を持つ。
特技は直線上の敵を焼き払う「ストレートブレス」。

【ネメシス】
リュッセル皇国では珍しい、邪龍を操る騎士。
耐久性が高くなく打たれ弱いが、
突出した攻撃力と機動力を持つ。
その為、強襲作戦に参加する事が多い。
特技「ダークブレス」は非常に強力。
但し部下共々反撃に弱い為、特攻の際は注意が必要。

人材説明は以上です。

今回は龍騎士陣営と云う事もあり、
厨二病レベルも最大値となってます。

一応、龍騎士の種類分けもしてみました。

「ドラゴンナイト系」
一般的な龍騎士。
カノンブレスを使用するバランス型ユニット

「飛龍系」
素早さ、技量重視の龍騎士。
手数も多く扱いやすいが攻撃力は低め

「邪龍系」
攻撃力、機動力重視の龍騎士。
反面、防御力が非常に脆く運用に難有り

後はアレです。
ブレスの種類も様々にしてみました。

「カノンブレス」
「ダークブレス」
「ロングレンジブレス」
「ミッシングブレス」
「ストレートブレス」

基本的にブレスなので火属性ですが、
射程や範囲等は様々です。

色々弄ってみてください。
さて次はどの陣営にするか…。

ではまた次回。
posted by N at 21:09| Comment(4) | FT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする